ニキビができたら皮膚科で治療

肌のトラブルとして、ニキビができてしまうことがあります。
ニキビは、痛みを伴う場合もありますしいじってしまったりして悪化してしまいますと、跡に残ってしまうこともありますので、できてしまったらすぐに治療をすることが大事です。



治療法としては、ドラッグストアなどで売られている治療薬を塗るということもできます。



しかし、有効成分としては皮膚科で処方される塗り薬の方が強くできている場合もありますので、効果に違いがでてくることもあるかもしれません。

また、皮膚科を受診することで、ニキビの膿を専用の道具で出してしまうこともできますし、場合によっては内服薬を処方してもらうことになりますので、より早く完治させることができるのです。



ニキビの原因は、毛穴につまって汚れでもありますし、特に脂性肌の方は普段の洗顔を念入りに行うようにしましょう。



メイクが毛穴に残っていることで、ニキビはできやすくなってしまいますし、最近では殺菌作用のある洗顔料なども出ていますので、使ってみると良いでしょう。また、化粧品においても、オイルカットされているものは、脂性肌の方には向いていますし、アレルギーを持っている方にも使えますので、オイルカット化粧品で日々のスキンケアを行うことも考えてみましょう。

また、もし跡に残ってしまったという場合には、レーザーなどを使って皮膚を新しく再生させることもできますので、美容皮膚科や美容外科クリニックで相談してみましょう。